蝋燭オブジェWS

〜蝋燭オブジェWSを終えて〜

先週の蝋燭オブジェWSでは、和紙をちぎってペタペタと風船に貼り、思い思いに対話を楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごしました。

和紙と和紙の間に生の葉っぱを挟んでいくとき、手先は何をかんじているのか。

そこを意識した時に、和紙の手触りにとても懐かしさを感じました。

元々は樹木だった和紙で小さな葉っぱを挟む、それを尊いと思う心。

日本人が大切にしている一つを、このWSで見つける事が出来ました。

自然に寄り添い、自分に寄り添う。

そうやって優しさを重ねて行ったら、世の中がどんな状況になろうとも、

笑顔で幸せに暮らせるんじゃないかな。

人と人とが交流することの尊さも〜

ヨリソイのいえに、また一つ豊かな時間が生まれました。

ありがとう。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    20 + 9 =